絶句

コント55号こそ、僕がお笑いをやるキッカケだった。

だから、再結成して博品館の生舞台で生コント55号が見られたときは、本当にツンときた。

大学出て少したった頃だから、それでも18年くらい前かと思う。

勝手にコント55号を師匠だと思っていた。弟子入る勇気もなかったくせに。

欽ちゃんにお会いすることは出来たが、二郎さんにはお目にかかれずじまいだった。

そして奇しくも今夜はルナティックコントナイト。

師匠の足元にも及びませんが、お客様を楽しませて参ります!

これからもです。これからも、きっと楽しませ続けることを誓います。

ゆっくりとお休み下さい。

合掌

スポンサーサイト
【2011/03/10 17:19 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ありがとうございます! | ホーム | やば
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |